サラ金

比較してわかる銀行系とサラ金の使いやすさの違いについて知っておく

サラ金とは貸金業登録をしている、しっかりと許可を貰って営業をしている業者のことです。特に、大手の銀行系消費者金融は、よりしっかりとした状態を保持している業者で、知名度も信頼度も高いです。

同じ、サラ金と呼ばれる業者でも、銀行系消費者金融とは違う貸付を行っている所もあります。なので、登録して認可を貰っているサラ金業者だからと言って、安易に借りることはしてはいけません。

この両者の決定的な違いは、金利にあります。普通、利息上限法によって決められた年率に沿って、金利の程度を決めているのが普通なのですが、出資法によって決められている高い金利を用いているところがあります。それが、サラ金業者です。

インターネットで比較してみるとわかりやすいのですが、誰もが知っている消費者金融業者の年率は、上限がほぼ一定化していることがわかります。これは、利息上限法というのが立ちはだかって、この値を調節しているからなのです。

だからと言って、他のサラ金業者が違法なのかというとそうではありません。こちらの年率も、出資法によって決められた範囲内での値が設定されています。それなら、どちらでも良いような気がしますが、実は、そうではありません。

キャッシングをする場合、金利が低い方が返済が楽になるということは知っているかと思います。ということは、銀行系のキャッシングを利用しているほうが、より楽に返済が出来るということになります。

銀行系キャッシングとその他のサラ金業者を比較してみると、他にも様々な違いがあり、その全ての面で、銀行系の方が上手になっています。そう考えてみると、同じサラ金業者ですが、銀行系と名の付く消費者金融業者から借り入れるほうが得策だと言えます。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ