サラ金

本当は良く知らない人が多いサラ金の意味と銀行系との違いについて

サラ金と銀行系消費者業者と何が違うのか。キャッシングをしようとしたとき、このような言葉を見て、気になった人は、いると思います。

消費者金融の流れを知っている人であれば、「あれ?おかしいな」と思っているはずです。

サラ金とは、サラリーマン金融の略語です。70年代に登場した、サラリーマンをターゲットにした個人向け小口貸付の金融業者のことです。 

今、テレビCMなどでよく名前を聞く金融業者も元々は、サラ金の業者でした。しかし、信用情報の共有など、銀行との提携をとれていないという現状を回避するため、銀行が、サラ金業者と提携することにより、そのような「情報の快適さを求めた」ということと、サラ金業者が顧客として掴んでいた個人のお客を、銀行側に付けたかったというのが理由で、銀行系のサラ金という組織が出来上がったということです。

この銀行系の消費者金融業者とサラ金と言われる業者は、行っている業務事態は変わりはありません。しかし、貸し付ける時の内容や審査の基準など、明らかに違うというところがあります。

銀行系の消費者金融業者は、利息上限法というものを使い、利息の上限を定めていますが、サラ金業者は出資法というものを使って、利息の上限を決めています。この違いは、利息上限法より出資法の方が高い利息をつけているということです。

もっと細かく見ていくと、いろいろな事が違っていますが、基本的に違うのは、これらのことくらいです。また、テレビCMなどを使って人の目に触れるようになったせいか、大手キャッシング業者の方が、サラ金業者よりも借りやすく、安全で、信頼が出来るという風な認識になっているのは、銀行と手を組んだサラ金業者にとってはイメージアップに繋がったと言えます。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ