サラ金

時効期限まで逃げ切れる?サラ金は逃げるより返したほうがお得です

警察が扱う事件などでは、よく時効という言葉を聞きますが、借金の業界にも、時効というものが存在します。

何年で時効かというと、サラ金などからの借り入れは5年です。長いような短いような、何処となく、わかりにくい期間ですが、この期間を過ぎると、支払いの義務がなくなります。

このことを知ると、「逃げ切ろう」とする人がいて、逃亡するわけですが、ほぼ、捕まる思います。なぜなら、人は、必ず、気を抜いてしまうからです。現に、時効間近で捕まる犯人って多いですよね?それが、良い例です。

もし、返済が滞ってしまい、逃げたとします。そのときは、一時的に借金から開放されたように思うのですが、延滞金というものが刻一刻と加算されています。この延滞したときの利息は、標準より高く設定されていることが普通です。

サラ金は、銀行系のキャッシング業者と違い、初めから利子が高い状態になっています。それが、延滞することによって、少しあがるとしたら。ものすごい額の請求になります。そして、時効前に捕まってしまったら、その金額を支払う義務が、あなたにはあります。

最悪、このような状況になってしまうこともありえるのですが、それでも逃げたいでしょうか。これは、逃げずに頑張って支払いを続け、最後、駄目になったときは、弁護士に相談して、債務整理をしましょう。過払い請求で返ってくるかもしれません。

そもそも、金利の高いサラ金で借金をしたことが、間違いです。金利の低い銀行系のキャッシングであれば、このような事態は、防ぐことが出来ますし、多少苦しくても、返済に困り果てるということは無いと思います。キャッシングをするときには、しっかりと各会社を比較して、慎重に決めないと、このような失敗をしてしまうのです。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ