サラ金

金利の安さが選択の決め手!サラ金の金利と銀行系の金利を比較しよう

キャッシングを考えるとき、銀行系のキャッシングにするか、サラ金業者にするか、迷うことないですか?正直、こんなにお金を貸してくれる業者が多いと、迷ってしまうと思います。

しかし、これらを選び間違えると、後々、大変なことが起きてしまいます。それは、金利の違いです。一般的に、サラ金業者の方が、金利が高いといわれていますが、金利が高いとどのように変わってくるのか見てみましょう。

金利は、「利息上限法」という規定により、大体20%までというふうに決まっています。しかし、銀行系以外の業者の場合、この金利が29.2%となっているところが多くあります。これは、おかしいですね。「利息上限法」に完全に違反しているのですから、困ったものです。

このような、業者は、警察の捜査に引っかかるのではないか、思っている方もいると思いますが、実は、このような業者でも警察に咎められることなく、営業を続けることが出来ます。その理由は、もうひとつの法律です。

「出資法」というのをご存知ですか?この法律では、利息上限額は29.2%となっているのです。つまり、利息に関しての法律が2つ存在しているということです。利息上限法を違反しても、罰則などはありませんが、出資法を違反すると、罰則が与えられます。

銀行系以外のサラ金業者は、この規定ギリギリのラインで、営業をしているということになります。数字的には、目がまわるほどの差はないですよね。しかし、この金利は、返済が長引けば長引くほど、チクチクと家計を蝕んでいきます。

このように、金利は少しでも低いほうが、返済するときの負担が軽くなります。そう考えると、あまり名前の知らないサラ金業者より、銀行系の業者で借り入れをするほうが、得策だといえます。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ