サラ金

サラ金業者と債務者が起こす事件事故!問題の要因はこんなところに!

サラ金業者と債務者が起こす問題は色々とありますが、一番多いのは、債務整理と恐喝まがいの取立てをして、警察沙汰になるということでしょう。

ヤミ金融ほどではありませんが、電話口で怒鳴ったり、嫌がらせのように何度の電話をかけてきたりと、低レベルなやり方で、催促してきます。

怒鳴られたり、必要以上に電話をかけてこられると、債務者は、精神的苦痛を受けることになります。また、そのことが原因で、精神障害に陥ることもあり、このようなことで受けた傷は、ひどく深いものとなります。

このようなことが起こる原因は、双方にあります。まず、債務者は、金融業者を選ぶ際の安易な判断が巻き起こしたことによること。もう1つが、秩序のない取立てを行っていサラ金業者です。つまり、双方が悪く、原因を作ってしまったのは、債務者自身なのです。

また、高金利貸付であるため、長い間、返済し続けている人は、過払い請求で借金にカタをつけようとする人がたくさんいます。そのとき、サラ金業者としては、払われすぎた利息は、返金しないといけません。

このことをうらみに持ち、この、債務整理を行った弁護士が、「嫌がらせの被害を受けてしまう」という事件が、実際に起きています。

サラ金に手を出すというのは、金融に関係のないところでも、問題が起こってしまったりするものです。また、メリットもありません。

このようなサラ金業者とのトラブルの引き金になっているのは、甘い言葉に誘われて、サラ金から借り入れをしてしまった、あなた自身です。もっ

なんでもそうですが、安易にことを決めてしまうのではなく、しっかりと考えて、知識も身に付け、適切な判断が出来るようにならなければいけません。そうすることで、このようなトラブルは、未然に防ぐことが出来ます。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ