サラ金

利息が高いといわれるサラ金業者に申し込むメリットは何処にあるのか

お金が必要になる理由は様々ですが、借り入れをするときは、返済のことを考えて、借り入れ金額、金利、利便性などを考える必要があります。

借り入れ額に関しては、収入の中で、しっかりと返済できる金額かどうかを見極めることです。これに注意していれば、借りすぎを防ぐことが出来ます。

次に、金利です。この金利についてはいろいろなことが言えますが、金利が低いほうが、返済にかかる金額が少なくて済み、家計の負担をへらすことが出来ます。

最後の利便性というのは、借り入れや返済がスムーズに出来るかということや、アフターケアについてしっかりしているかということなど、借り入れを申し込んだ後のことについてのことです。

どの項目も大切な要素なのですが、金融業者を決めるポイントとして大きな割合を占める項目は、金利でしょう。この金利の割合で利子の金額が大幅に変わってくるので、ここは重要ですし、サラ金業者と銀行系消費者金融業者とでは、この差が大きくあります。

サラ金は、金利が高いというふうに言われています。確かに、「高利貸し」と呼ばれるくらいですから、高い利息で融資してくれるというのは、当たり前という感じです。

それと違い、最近たくさん存在している銀行系の消費者金融は、ある程度金利を下げ、借りやすくしているということがわかります。このことは、サラ金か銀行系消費者金融かを選ぶ際の大きな決めてとまります。

わざわざ、金利の高いサラ金業者で借り入れをして、何かメリットはあるのでしょうか?結論を言うと、審査が甘く借りやすいということだけで、他には何もありません。デメリットのほうが多いくらいです。

このことからもわかるように、サラ金と銀行系の消費者金融とでは、後者の方が、負担の少ない返済をしていけるということです。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ