サラ金

よく聞く言葉、知ってる言葉、あなたは「サラ金」を説明できますか?

「サラ金」というのはキャッシングを利用していない人でも、耳慣れた言葉だと思います。しかし、それを説明しようとすると、上手くいきません。

それは、イメージだけが先行してしまい、「悪い業者、怖い業者」という認識があることが、大きな理由だと思います。さらに、「サラ金=ヤミ金」というふうに考えている人もいるかもしれません。

サラ金というのは、70年代に「サラリーマンをターゲットにした貸金業者」のことで、正式には、サラリーマン金融などと呼ばれています。シャレみたいな事ですけど、本当ことです。

今は、サラリーマンがターゲットというわけではありませんが、このサラ金という呼び名だけが、残ってしまったのでしょう。

では、このような業者は、どのようなところなのでしょうか。たぶん、いや、絶対に知っているところばかりだと思います。

実は、テレビCMや街中で見かける消費者金融業者は、知っていると思います。今では、「○○銀行系」というような枠で記載され、「銀行の一部」というようになっていますが、元は、みんなサラ金業者です。

銀行と提携を結んでいるサラ金業者は、大きなメリットをもたらしました。その1つが、「銀行からの貸付が出来ないような人でも、貸付が出来る」ということです。

元々、サラ金業者は、「小口融資」が専門の業者なので、個人融資に関しては、銀行よりプロです。さらに、銀行という大きな信用をバックにつけているので、その効果は絶大です。

サラ金は、高い利息でお金を貸してくれるところですが、その分、審査が甘いです。もし、お金に困っているのであれば、銀行系のサラ金業者を探してみましょう。サラ金業者でも、銀行系のほうが、安全な借り入れが出来ると思います。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ