サラ金

同じ借金するのなら金利の高いサラ金よりも安心な銀行系に申し込もう

借金はしないほうが良いのですが、どうしても必要になってくるという場合があり、「絶対に借金をしない」と決めていても、しなくてはならない状況になることがあります。

そんな時、誰しもが思うのが、「金利が低くて、審査の甘いところがよい」ということではないでしょうか。確かに、この方が借りやすく、返済もスムーズに行くような気がします。

しかし、実際に調べてみると、そんなに上手くはいきません。金利が安いところというのはすぐに見つかると思うのですが、銀行系のところが多く審査が厳しくなっていそうですし、審査の甘いところは、金利が高く設定されています。

こんなときは、銀行系の業者に借り入れをすることをオススメします。審査は多少、厳しくなっていますが、銀行のローンに比べるとかなり甘いですし、金利も基準に基づいています。

金利については、法律がありますので、銀行系の設定率が最も安心できるものです。大体、6%から18%まででしょう。これ以上高いと、返済がしんどくなりますし、また、これ以上低いと、何か裏があります。

悪徳な金融業者は、低い金利で、お客を誘っているところもありますので、安易に手を出すと、口車に乗せられて、借金を増やしてしまう恐れがあります。

利子というのが何のためにあるのかを考えるとわかってきます。利子の回収が、金融業者の利益なわけですから、低すぎるところは、他の方法で利益を上げているわけです。

何はともあれ、銀行系の消費者金融なら、そんな細かなことを考えなくてもいいと思います。もし、このようなところが、違法なことをしているとなれば、ビックニュースになってしまいますから、業者側も慎重になっています。

その分、安心して借金を申し込むことが出来るということに繋がっていきます。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ