サラ金

信用情報は使いたい放題?破産者の家に届くサラ金業者のDMについて

借金を返せなくなって、自己破産をしてしまうという人は、ここ数年で大幅に増えてしまったそうです。これには、社会情勢にも大きく関わりがありそうなのですが、もっと不思議なことがあります。

それは、自己破産などの債務整理をして金融事故を起こしてしまった人に対して、全く知らないサラ金業者からダイレクトメールが届くということです。それも複数の業者から、定期的に何通ものはがきが届くそうなのです。

これは、信用情報が使いたい放題になってしまっている現状が、サラ金の世界に漂っていることを示しているような気がします。そして、中には、このように、金融事故を起こした人をターゲットにしているという業者もいるといいます。

ブラックでもお貸ししますというコピーで営業をしているサラ金業者は、ほとんどがこの類の業者で、ヤミ金に近い貸し付けをしています。

ブラックの人は、このようなダイレクトメールに心を奪われてしまい、借金で一度、痛い目に合ったにも関わらず、借り入れをしてしまうという「借金のサイクルを繰り返してしまうという人がいるため、このようなダイレクトメールが届くのでしょう。

信用情報というのは、金融業者であれば、簡単に観覧できるもので、その情報を元に、審査の結果を決めています。つまり、どこかの業者に申し込みに来て得た個人情報の横流しをし、その個人情報を使って信用情報と照らし合わせて、金融事故を起こしている人を見つけては、このようなダイレクトメールを送りつけているということが予測できます。

このようなことは違法です。必ず、まともな状態では借りることは出来ません。現に、銀行系の消費者金融業者は、このようなことはしません。それは、業者自身の信用を失う可能性のある行動だからです。
こんなものに絶対に騙されてはいけません。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ