サラ金

比較的簡単に融資してくれるサラ金業者の思惑と儲けるための手段とは

銀行系以外のサラ金業者に融資を申し込むと、比較的簡単な審査で、すんなりと借り入れをすることが出来ます。本当に、「こんなに簡単にして良いのですか」というくらい、簡単です。

しかし、こんなに簡単に借り入れが出来るということは、「必ず、裏がある」というふうに考えたほうが、良いと思います。

サラ金業者は、簡単に融資をしても儲けを取れる方法というものを知っているわけです。どのようなものかというと、高金利で融資することによって、返済を長引かせ、その分、利息を取って、利益にするということです。これは、合法の範囲の中でのことですので、何も言えませんが、長い間返済を続けていると、過払い請求を申し立てたときに、取り返すことが出来ます。

サラ金業者の中にはさらに悪徳な業者があり、自らはお金を出さず、他の金融業者に借金をさせ、その借金した中の何%かを手続き料として、請求してくるようなところや、ブラックの人に融資を持ちかけるようなところまであります。

正直なところ、銀行系以外のサラ金業者の思惑は、申し込みをしてきた人に対して、融資をするのではなく、その人を食い物にし、お金を儲けるということしか考えていないような気がします。

このようなところで、融資を受けると、必ず、破滅に向かいます。破滅は免れたとしても、長い期間の利息に悩まされ、いつまでたっても、借金が減らないというふうになっていきます。

銀行系の消費者金融業者はというと、使い方を間違えたときは、やはり、破滅に向かっていきますが、金利が低いため、利息に悩まされることが少ないというのが、最大の救いの手であります。

もちろん、悪徳なことをしているということは、絶対ではありませんが、無いと思います。

金利で選んでもおすすめなキャッシング会社



このページの先頭へ